山下ゴム株式会社
English
会社案内 製品情報 研究開発・品質 採用情報 財務・公告
トップページへ
HOME > 研究開発・品質 - 防振製品開発
防振製品開発
コンピュータ予測解析と、単品からシステム・完成車に至る評価により、「最適製品」の開発を行っています。

3次元CADを駆使した設計→画面上での性能シミュレーション→試作→テスト・評価→改良→量産化

押出製品フロー

山下ゴムでは、開発の効率化、無駄の排除のために、物を試作する前の予測解析・評価の充実を進めています。知識と経験から導いた設計をベースに、防振特性、強度耐久性、成形性などをコンピュータで解析・評価し、ほぼそれらが満足できる仕様であると確認した後、実際の部品を試作し評価を行っています。
確認すべき項目は多岐にわたり、材料としてはゴム・樹脂・鉄板・アルミなど、機能としては特性・強度・加工性、さらには完成車性能への寄与などがあります。
解析を重ねることにより、原理と本質が把握され、技術のさらなるスパイラルアップにつながっています。


部品設計
単品からシステム・完成品に至る評価と最適化
製品の評価は、単品の特性や強度耐久性はもちろん、完成車として組みあがった場合にはどんな特性が最適であるかまで相関を取りながら行います。車の性能は各機種の車体構造の違いなどにより個々に振動感度が異なり、単品の最良特性が一律では決まらないからです。車として最適でない場合は、特性をどう変更すれば性能が向上するかを、データから逆解析して単品特性にフィードバックします。こうした開発によって、各開発車に最適な部品を提供しています。


新技術の取組
ユーザーの車への要求はますます高まり、技術も日々進化する状況において、完成車メーカーからは、オーダー待ちではなく、新技術の提案が期待されています。 山下ゴムでは、機種適用開発とは独立させた組織で、新材料、新構造、新防振技術、新加工技術など、車の機能への新しい対応技術の研究に取組んでいます。


ページトップへ
個人情報について お問合せ窓口 サイトマップ
山下ゴム株式会社 〒356-8556 埼玉県ふじみ野市亀久保1239番地 TEL:049-262-2121(代)